校章

飯田市立鼎小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0801 飯田市鼎中平2472 TEL 0265-22-0562 FAX 0265-22-0589

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2012 年 8 月 のアーカイブ

水泳学習を終え、いよいよ運動会へシフトチェンジ

本日で、水泳学習の全てが終わりました。水泳参観週間には大勢の保護者のみなさまにおいでいただきありがとうございました。いくつかの学年では、水泳学習の最後に着衣泳を行い、万が一服を着たまま水の中に落ちたときに、あわてないように体験をしました。

さあ、来週からはいよいよ運動会の練習が本格化します。とは言え、すでに何度かかけっこや短距離走をしたり、表現の発表がある学年は、一足早く練習が始まっています。準備を進めているのは子どもだけではなく、先生方もがんばっています。鼎小学校の運動会と言えば、校歌ダンスの「鼎の花」です。先生達も一年ぶりの鼎の花の振り付けを再確認しています。

 

ページの先頭にもどる

目標を達成するための4つのポイント~2学期始業式 校長先生のお話~

 メダルを取ったオリンピックの選手の多くが「夢をもつことやあきらめないことが大切」「強く思えば自分の夢はかなう」と言っていました。みなさんもたくさんの感動をもらったと思います。

 先ほど代表のお友達が二学期の目標を発表してくれました。みなさんも、それぞれ二学期がんばりたいことを考えていると思います。

 目標やめあてを達成するために、強く思えば必ず達成するんだよというお話をしたいと思います。

 一つ目です。例えば「水泳で25m泳げるようになりたい」など「○○したい」というのは「願い」です。「目標」は「わたしは○○する」「ぼくは○○できる」というように、必ず「わたし」や「ぼく」が入って、「する」「できる」と言い切ってしまうものです。オリンピックの選手の中には、「銀メダルを取りました」と過去形に表した人もいました。このように、自分を入れて、言い切ってみることで、思いを強くできるかなと思います。

 二つ目です。目標を達成したときの気持ちを考えてほしいのです。自分の姿をイメージすることです。オリンピックの選手がメダルを取った時はどんな気持ちだろう。自分が50m泳げるようになったときの気持ち、算数のテストでいい点数が取れた時の気持ちはどんな気持ちになるんだろう。その時は、自分はどんな様子、どんな姿なっているのだろう。そのようなことを考えます。「すごく自信が持てたよ、認めてもらって拍手してもらったよ」そんな姿を思い浮かべる。それが大事かなと思います。

 三つ目です。目標を達成するために毎日何をするか。例えば、水泳50m泳ぐには毎日何をしたらいいか、マラソン大会で1位になるためには毎日毎日どんなことをしたらよいか考え、これをしていけば目標はかなうんだというものを持つことが大事かなと思いました。

 そして四つ目です。考えていても目標を達成することはできません。考えたことを続けていくこと、毎日少しでも続けていくことが大切です。その時に途中でいやになったりくじけそうになったりすることあるよね。そんな時には、達成できたときの気持ち、自分の姿のイメージをしっかり思い出して、繰り返し自分に話しかけてみる。そうすると、目標やめあてが達成できると思います。

 これから二学期の目標を決める時に、このお話を参考にして、いい二学期の目標ができるようにしてほしいと思います。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->